Yamamoto Shunichi      boat      journey      story      logbook      publication      award      mail      shop

1985   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   00   01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12


- Yokohama - night train -

5/13 (木)   晴

バイトを定時で上がらしてもらい、
横浜まで戻って高松まで大奮発して
夜行寝台特急「瀬戸」の二等B。

脚は真っすぐに伸ばせるし、がらがらで
とても良いが、ブルートレインは果たして
いつまでもつか。 






- Takamatsu - Kochi - Murotsu - Tsuro - Mitsu - Murotsu

5/14 (金)          曇時々雨

夜が明けて瀬戸大橋を渡る。 高松から高知は土讃線特急。
駅で天うどん410円。 高知から室津までバス2460円。

停留所からすぐの食堂に入るが、ちょうど昼時になってしまい
市役所の人たち大勢と同席。 こういう場合違う物を頼むと
遅くなるので、注文をうかがい皆と同じカツ丼970円にする。

市役所訪問。 勢子舟は倉庫の中で絵にならず、図書館では
絵巻物は撮影させてくれず。 しかし親切な企画課の人が
自動車で津呂の王子宮、三津の鯨揚用斜面、鯨見山まで
連れていってくれる。

室津港に面した漁師宿?5500円に投宿。 TV200円。






Murotsu - Kongochoji - Hotsumisakiji - Murotosaki - Shinshoji - Murotsu

5/15 (土)          晴

バス便が少ないのでタクシーで金剛頂寺へ行くが、鯨関係遺物を撮影
させてくれず。 泉井氏の記念碑等を撮る。

重い肩掛け鞄かついで誰も通らぬ急で狭い歩き遍路道を下ってくる途中、
山の斜面で農家の人から枇杷を両手にいっぱいいただく。 そんなに
食べられないからと言ったが、まあ持って行きなさいということで遍路では
ないのだがありがたくいただく。 みずみずしくとてもうまい。 結局全部
食べてしまった。

バスで室戸崎灯台と最御崎寺へ。 ここも遍路道が急で上り下りは疲れる
が寺には大勢お遍路さんがいた。 山を下りてすぐの木陰におびただしい
漁業遭難者供養碑群があり、なぜかやさしい風が吹いている。
拝んで撮影してから室戸崎の岩場で昼寝。 陽光がまぶしく、人はおらず、
ここならほんとに悟りがひらけそう。

バスで室津へ帰り、長く急な石段を登って夕陽さす無人の津照寺。
一日で生まれてはじめて四国霊場札所三ヶ寺参拝したことになり、
思いがけずお接待もされたし、なんだか満足。

明日のために奮発して焼肉丼900円をいただく。 宿のTV200円。 






Murotsu, kujirabune race - Kochi - night bus -

5/16 (日)          晴

晴れました鯨舟競漕当日。 木舟でないのが残念だが八丁櫓
だからまあ良し。 それにしても台風銀座だけあって港の防波堤
の厚みとその高さたるやものすごい。 港の岸壁と船から撮影。

レースは櫓がはずれるほど皆マジで競漕して迫力。 看護婦
衣装の病院チームもいたりしておもしろい。 長いロープにぶら
下がって水に飛び込む競争などもあり、皆さん親切で楽しい催し。
古式捕鯨をやっていたというだけでなく、室津はいいとこだ。

まだ明るいうちに終って高知はりまや橋までバス2520円。
とんこつラーメン480円と菓子パン二つ180円をいただき、
高知発夜行高速バス乗車。






- Tokyo - Yokohama - Kamakura

5/17 (月)          薄晴

早朝、新宿着。

横浜駅でフィルムだけ出して荷をコインロッカーに
預け、ラボが開くまでぷらぷらして時間をつぶす。
西口で「にいちゃん、いい仕事あるんだけど。」
と声をかけられる。

現像に出してヒレカツ弁当550円を買い帰宅。






Kamakura - Tokyo - Sendai - Ishinomaki, Sant Juan Bautista

5/22 (土)          曇夜雨

東京から仙台まで東北新幹線。 仙石線で石巻まで。

陽が欲しいがどん曇り。 時間があるのでまずハリストス
正教会で資料点検。 中瀬の造船所での慶長遣欧使節船
サン・ファン・バウティスタ号進水式はけっこうな人出。
大太鼓演奏にのって巨体が水面にすべり下りたが帆柱
などはまだなく今一。

カツ丼700円をいただいた後、地元紙を買って
ドーナツ屋でドーナツ 2個220円と珈琲250円。
駅のそばの宿5800円。






Ishinomaki - Ayukawa, whaleland - Ishinomaki -
Sendai - Tokyo - Kamakura

5/23 (日)          晴

バスで石巻-鮎川往復2860円。 鮎川への途中、
月の浦で小休憩があり撮影もできる。

鮎川ホエールランドを撮影後、捕鯨会社を
のぞいて歩く。 港のみやげ屋でラーメン412円。
小さなゴムの鯨各種 5個と鯨資料関係テレカ 9枚
を買う。 背美鯨があったのでうれしい。

だんご480円を買って行きと同じルートで帰宅。






Kamakura - Tokyo - night train -

6/6 (日)          曇

上野駅まで出て、金沢まで奮発して夜行寝台特急
「北陸」の二等B。 サンドウィッチ220円と珈琲110円
を持って乗り込む。
上野駅はあいかわらず気取らずごちゃごちゃしてて
なかなかよろしい。






- Kanazawa - Takefu - Kanazawa - Yokohama -
Kamakura

6/7 (月)          晴

早朝、金沢に着いて駅そば270円。 北陸本線で
武生まで行くが力が抜ける。 景気づけにタイズシ
820円とお茶100円をいただいて金沢まで戻る。

サンドウイッチ460円と珈琲110円を買って横浜行き
バスに乗車。 今回はなんだかわけがわからなかった
が、高速バスでも夜行と違って昼間は楽で良い。






Kamakura - Tokyo - night bus -

8/7 (土)          曇

東京駅から仙台駅まで夜行高速(?)バスに乗る。
盆に入ったので何台か増車分の旧型バスにまわされ
折り畳み補助シートまで超満席。 道中半分くらいは
一般道を走り、途中乗降多し。 具合が悪くなって
手当てを受ける年配客も出る始末。 子供は泣くし
ほとんど寝られず。






- Sendai - Ishinomaki - Ayukawa, kujira matsuri

8/8 (日)          曇後晴

早朝、ぐったりして仙台に着き、駅そばと握り飯計380円とカフェオレ
100円をいただく。 仙石線で石巻へ向かうが松島止まりで、ホーム
から名勝を眺める。 石巻でドーナツと珈琲計360円。 石巻から鮎川
まで途中月の浦休憩が入るバス1400円。

いよいよ鮎川だんだん晴れてきて絶好の鯨祭。 供養祭と古式捕鯨
再現撮影後、観音寺と熊野神社も。 たくさんの子供勢子舟も良いし、
太鼓のリズムと大漁節に乗っての持双船襷掛け姉さんたちの凛々しい
踊りが鳥肌立つほど良い。

安宿だけれど夕食付きでさすが鮎川、ちょこっと鯨の刺身が出る。
夜は港で夜店と大花火。 大柄でたくましい浴衣のおじさんも見かけて
あれはきっと刃刺しの家系だね。 鮎川はいいとこだ。 ここの生まれ
だったら絶対鯨捕りになってる。 TV300円。






Ayukawa, whaleland - ferry - Ajishima - ferry - Ishinomaki -
Sendai - night bus -

8/9 (月)          曇時々晴

鮎川ホエールランドを再度撮影。 資料本を買う。

カモメが乱舞する中を船で網地島へ。 もう一台のタクシーが
出払っているというので島の反対側へ行く姉さんと相乗りで
途中の山の中の鯨供養碑のところで降ろしてもらう。 鯨大明神
をゆっくり撮影してから、石切り場を捜すが見つからず。
だらだら坂を下りて浜の海の家でライスカレー600円をいただく。
冷夏のせいで数えるほどしか泳いでいない。

最終の船で石巻港まで。 ざるそば400円、珈琲とドーナツ
計300円をいただいてから仙石線で仙台へ。
また東京行きの夜行高速(?)バスに乗る。






- Tokyo - Kamakura

8/10 (火)          曇

早朝、東京駅着。
ぐったりして現像出さずに
電車で帰宅。






Kamakura - Tokyo - night ferry -

8/13 (金)          晴

東海道線で東京駅。 地下鉄東西線門前仲町駅に着くと祭
をやってる。 サンドウイッチ、握り飯、ジュースをいただく。
バスで門仲から越中島、豊洲乗換えでやっと有明フェリータ。

「サンフラワーとさ」に乗船するが盆なので大混雑。 食事が
高いのを忘れていたので失敗。 なんだかんだ食べて2070円。
一番安い4人部屋寝台を予約するが、小さな子が泣きっぱなし
でほとんど寝られず。 親は気をつかって何度もロビーまで
あやしに連れて行ってくれたのだが。






- Ukui - KiiKatsuura - Taiji, whale museum, isana matsuri - Ukui

8/14 (土)          曇一時雨

早朝、ぐったりして下船。 宇久井港から紀伊勝浦までバス460円。
太地まで紀勢本線で二つ目。

バスでまずくじら館へ行き、撮影。 シャチと鯨のショーも見る。
本、資料、絵巻物の複製を買う。

梶取崎、灯明崎、支度部屋跡、狼煙場跡、漂流人慰霊碑、東明寺、
順心寺を歩いてまわる。 どこもなんだか気分の落ち着く場所で、
時間があればもっとゆっくりしたい。

黒潮のせいか湿度100パーセント?でものすごい蒸し暑さ。 根の
太い熱帯植物の生い茂る道中、止まらない汗をぬぐいきれず。
町のよろず屋であんぱんとジュースをいただいて休憩。

どん曇りで始まった勇魚祭だが、ふんどし一丁での古式捕鯨再現は
なかなか良し。 日が暮れて盆の大きな灯明もともり、さんざめいて
けっこうな人出。 持双船の上での綾踊りと大太鼓も良し。 花火も
上がってきっと帰省ってこんな気分かな。 パン400円、タコ焼き
300円などをいただく。 太地はとてもいいとこだ。

祭が終ったらバスもなくなった。 真っ暗な道を博物館まで歩き、
公衆電話でタクシーを頼む。
宇久井港の待合室でぷらぷらしながら徹夜。 






early morning ferry - Tokyo - Kamakura

8/15 (日)          薄曇

未明、高知から来た「サンフラワーとさ」に乗船。
今度は爆睡。 午後は太平洋を眺めながら
ライスカレーと珈琲他1250円。 やはりシコーキ、
自動車、バス、電車より自由で船がいい。
夕刻に有明フェリータ着。
バスで新木場まで行き、電車で帰宅。






Kamakura - Kurihama - ferry - Hamakanaya - Katsuyama -
Tateyama - Nojimasaki - Otohama - Chikura - Wadaura -
Hamakanaya - ferry - Kurihama - Kamakura

8/29 (日)          晴

鎌倉へ出て横須賀線で久里浜。 バスで港まで行き東京湾フェリー
490円乗船。

浜金谷から勝山まで内房線。 タクシーで鯨供養碑まで連れていって
もらい、撮影。 なかなか趣きのあるところ。

駅まで歩いて戻り、館山まで内房線。 アイスクリーム100円かじって
から安房博物館撮影。 ラーメン350円。

野島崎までバス540円。 白浜美術館で鯨資料本一冊購入。
忙しいのとけちったせいで灯台入らず。

バスで乙浜まで行き、鯨供養碑撮影。 少ない次のバスが来たのが
見えたので手を振りながら停留所まで走り、千倉まで380円。

外房線で和田浦まで行き、鯨解体場などを撮影。 なかなかいい
ところ。 鯨のたれを買う。 陽も傾き、和田浦から浜金谷まで外房、
内房線720円。

刺身定食900円をいただいてから久里浜行きフェリーに乗船し、やはり
フネがいちばんいいなあと上甲板で風に吹かれ、行きと同じ経路で
帰宅。 なんだかラリーをしているような一日だった。



  




Kamakura - Tokyo - night bus -

8/30 (月)          曇

東京駅まで出て、
福井行き夜行高速バス乗車。
ジュース110円。






- Fukui - Takefu - Kono, house of Ukon - Takefu - Fukui - night bus -

8/31 (火)          晴

早朝、福井駅着。 トースト、珈琲のモーニングセット350円をいただく。
武生まで北陸本線で五つ目、310円。 バスが少ないのでタクシーで
河野村まで。

北前船主の館、右近家を撮影。 BSの撮影をするというので大勢の
スタッフがコード引き回して機材を準備中。 へっ、こちとら自腹で一人
だい、負けじと先回りして広い屋敷内を急いで撮ってまわる。
親切な受付の姉さんから資料本購入してから、ゆっくり外を撮る。

役場で古写真の中版ポジ二点を借用。 古びた石段上がって夏草
生い茂る磯前神社と下の八幡神社も撮るがとても落ち着き、しばし
たたずむ。 右近家も良いが河野はいいとこだ。

刺身定食1300円をいただき、浜の前でなつこい猫をかまいながらバス
を待つ。 武生までバス750円。 電車で福井。

スパゲティとチョコレートパフェ計1150円をいただき、
東京行き夜行高速バスに乗車。






- Tokyo - Yokohama - Kamakura

9/1 (水)          晴

早朝、東京駅着。 横浜駅でフィルムだけ出して
荷をコインロッカーに預け、ラボが開くまでぷらぷら
して時間をつぶす。 パンと珈琲700円。
西口で「にいちゃん、いい仕事あるんだけど。」
と声をかけられる。
現像に出してから電車で帰宅。






Kamakura - Tokyo - night bus -

10/8 (金)          雨

東京駅まで出て、懲りずにまた
仙台行き夜行高速(?)バスに乗車。
往復11200円には勝てない。






- Sendai - Ishinomaki, Sant Juan Bautista

10/9 (土)          晴

早朝、盆ほど疲れずに仙台駅着。 弁当と茶910円をいただく。
仙石線で石巻まで930円。 港までバス230円。

よく晴れてくれましたサン・ファン・バウティスタ号竣工式。 始まる
前に一人だけ乗船させてもらい、甲板、帆柱、内部などを撮影。
船大工さんは親切。 式は帆も揚げて盛大。 特に火縄銃鉄砲隊
の演武が良し。 神妙な仕草のお目見え良し。 腹に響く大音響
とものすごい白煙に思わず手ぶれをする。

資料テレカと本を買ってビジネスHTL5665円にチェックイン。
消されないうちにライトアップされたフネを撮ってから、
カツ丼700円、ドーナツ2個240円をいただく。






Ishinomaki - Sendai - Tokyo - Yokohama - Kamakura

10/10 (日)          晴

仙台まで仙石線。 用事はすんだので500円の差額
を払って今晩の東京行き夜行高速(?)バスを昼便
1号車に変えてもらう。 ほんとに夜行と違って楽。
横浜でぷらぷらせずにすぐ現像に出せたので
今回は「にいちゃん」はなし。


top     




Copyright © yamamotoshunichi.com