Yamamoto Shunichi      boat      journey      story      logbook      publication      award      mail      shop

1985   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   00   01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   12


Kamakura - Narita - Moscow - Paris

6/9 (日)          曇

昼のアエロフロート、成田発モスコー経由
巴里行きに乗機。

同日夜CDG着。 近郊線45Fで市内ノール駅。
アラブ人のニャンコHTL L 230Fに投宿。






Paris - Lausanne - Lac Leman cruise - Lausanne

6/10 (月)          曇時々晴

巴里リヨン駅からTGVに乗り38Fの朝食をいただくが大幅遅延。
スイス、ローザンヌから先の列車はだいぶん待つことになって
しまったのでヴェネチアはあきらめ、昔、風呂場に泊ったロー
ザンヌの大HTL V 朝食付194SFrに投宿。

テレカ 10SFrを買い、港でミラノの出版社に予約電話してから、
ユーレイルパスが使えるレトロ外輪蒸気船でレマン湖半周。
ジュネーヴと反対側なのできれい。 何ヶ所かで出港時に
子供が数人ずつ船につかまり引きずられて遊ぶ。 船員も
皆小さい頃やった覚えがあるらしく笑っているし、危ない
スクリューがないので大丈夫。

降りてメトロというケーブルカー2.2SFrで坂だらけの街散策。
昔、この街で黒澤明の「夢」がかかっているのに出くわし、
なんだかえらい遠いところの話だなあとぼんやりしていたこと
や、暑くて堪らず毎日港に蒸気船を眺めに行ったことなどを
思い出す。 貧乏旅で、もちろん映画は見なかった。

ビッグマックセットとサラダ計12.2SFrをいただく。






Lausanne - Milano - night train -

6/11 (火)          晴

たっぷりのビュッフェ形式朝食をいただいてから、列車に乗る。
レマン湖沿いを走り、アルプスをくぐり、避暑地風のきれいな湖を
通過して混雑するミラノ中央駅着。

リラに両替してテレカ 10000L、メトロ一日券5000Lを買い、材料を
預けてある出版社に行く。 古いなかなか良い建物で、編集長は
イタリア人らしからぬ紳士。 日本手拭をあげたらお返しにペンを
くれた。 記事は秋頃のよう。

別れてメトロでドゥオモの前に出たらくそ暑く倒れそう。 大画面で
サッカー実況放映をやっている大観衆大広場の寒暖計は36度C。

テーブルクロスがなく安そうな、セルフサービスビュッフェ形式の店
で具なしパスタその他、パン、コークなど計10400Lをいただくが、
さすがイタリアでほっぺたが落ちる。 毎日こんなうまい物をこんな
に安く食べられれば太るわけだ。 アイスクリームもうまい。

丹那がいなくなった隙に人妻を熱心に口説いているジゴロのいる
大広場脇、日陰の店でお茶6500L。 キオスクで資料雑誌3冊購入。

雑踏ミラノ中央駅発巴里行き夜行寝台急行のクシェットに乗車。






- Paris - eurostar - London - Plymouth

6/12 (水)          曇時々晴

早朝、巴里リヨン駅着。 カフェオレとクロワッサン計24.8F。
メトロでノール駅へ行き、空いてるユーロスター2等に乗車。
英仏海峡トンネルを通過した頃、券持たぬ若者が密入国
の疑いで連れていかれる。

ロンドン・ウォータールー駅からチューブでパディントン駅。
資料雑誌とテレカを買って西へ行く列車に乗り込む。

プリマス駅に着いてB&B街までタクシー。 予約していた
B&BのTゲストハウス朝食付一泊22£に投宿。

中華定食、青島ビール、ジャスミン茶計9.1£をいただく。






Plymouth, Europe 1 Star singlehanded transat race

6/13 (木)          晴

ポーカーの手から選べる宿のたっぷりのイングリッシュ朝食は
やはり全種類が少しずつ乗っているフルハウスにする。

水上タクシーに乗らなくてもマリーナに行けるよう、ずいぶん
歩くことになるが旧港に新しく小橋ができた。 プリマス旧港
に来るといつも隻眼で杖つくシルヴァー船長を連想してしまう
のはなぜか。 港と船撮影。

予約してあるヘリコ会社に電話確認。 平日のうちにと銀行で
料金分をポンドに両替するが全部小額紙幣のため分厚い。
サンドウィッチとコーク計2.48£。 資料雑誌と新聞を買う。

夜はまた中華定食、ビール、ジャスミン茶計13.28£をいただく。






Plymouth, Europe 1 Star singlehanded transat race

6/14 (金)          晴

またフルハウスの後、港と船撮影。
プティパスとボジックに会う。
ヘリコに電話で再確認。 絵葉書と新聞。

夜はピザとサンミゲールビール計8.65£。






Plymouth, Europe 1 Star singlehanded transat race

6/15 (土)          晴

またフルハウスの後、港と船撮影。
マイク・バーチに会う。 資料本と雑誌購入。
フィッシュ&チップス、ソーセージ、コーク
計2.98£。

夜はタイ料理とビール計13.8£。 初めて
いただいたがトムヤムクン辛い。






off Plymouth, Europe 1 Star singlehanded transat race start

6/16 (日)          晴

いよいよ単独大西洋横断レース、ユーロップ 1スターのスタート日。
靄ったような前回とは違い、どピーカンの強風に恵まれる。

昨日予約しておいたタクシーで宿からプリマス郊外のヘリコ会社まで。
数機駐機した隣は羊の放牧場でいいところ。 ヴァピヨンに会う。
今回は脚が格納できる大きめのイタリア製アグスタ109だが、どうも
足臭いと思ったら違ってて本皮シートのせいだった。

右側ドアとりはずしで、パイロット自分だけヘルメット冠って、我々は
ヘッドセットと救命フロートだけ。 姉さんキャスターとおじさんカメラマン
コンビのウエストカントリーTVと同乗で、プリマス沖目指して離陸。
十数機飛んだが、運ちゃん慣れてて腕が良く、なにより光と風良しで
けっこういい絵が撮れて、1145から1340までヘリコ。 17本撮影。

着陸して950£をパイロットに払うが、小額紙幣ばかりで枚数が多く
申し訳ない。 同乗したTVクルーが親切にマリーナまで送ってくれる。
静かになった港でカプチーノ、プリン、アップルパイ計2.9£。

夜は魚フライ、ケーキ、スカンピ、ソーセージ、コーク計5.05£。 






Plymouth - Southampton - ferry - Cowes

6/17 (月)          薄晴

最後のフルハウスをいただいてタクシーでプリマス駅。
列車でサザンプトン駅まで。 バスで港まで行き、フェリーで
ワイト島のカウズまで。

港の案内所でもうB&B登録はしていなかったが、昔泊った
お屋敷に直接行ってみると、いつもお洒落なマダムは元気で
泊めてくれるという。 一泊朝食付18£で港が見える三階の
一番いい部屋に通され、庭のなつこいお屋敷ニャンコも元気。

荷を下ろして町を散策。 港の裏横丁で与太ってたどら猫に
ちょっかいを出して引っ掻かれる。 安い携帯風速計を買う。
王室専用桟橋にいたRYS(王室ヨットクラブ)猫はさすがに
お上品。

夜はタンドリとビール、コーク計11£をいただく。






Cowes - Osborne House - The Needles - Yarmouth -
Cowes

6/18 (火)          薄晴

お屋敷の一階の広い部屋でとる朝食は種類豊富で
気分も良し。 この煉瓦造り屋敷は江戸時代の建物。

バス一日券5.95£を買い、ヴィクトリア女王の宮殿
オズボーンハウスへ。 宮殿より付属の広大な庭園
バートンマノアがとても良い。

普通の二階バスと木製座席のオープン二階バスを
乗り継ぎ西のはずれのニードルズへ。 さすが風強し。

ヤーマスでスコーン、フルーツケーキ、紅茶計2.5£。
昔、安かったのでカウズでスコーンを袋で買って食べて
いたが、なかなかうまいけれど口の中に張り付いて
閉口した。 これは焼いて食べるものなのだね。

夜はピザとビール計7.84£をいただく。






Cowes - Ryde - Shanklin - Newport - Freshwater -
Cowes

6/19 (水)          薄晴

当然ながら毎日お屋敷に他の客はなし。 昔泊った
時は男の人の咳が聞えたが今はなし。 たぶん病気
の御主人が亡くなったんだと思うが訊かず。

バス一日券でライドへ。 ホーバークラフトとフェリー
の発着をぼんやり見る。 カプチーノとケーキ計2.3£。

バスを乗り継いで島を巡り、夜は紅茶、ミルクセーキ、
ハンバーガー、スカンピ計5.9£をいただく。






Cowes - ferry - Southampton - London

6/20 (木)          小雨時々曇

カタマラン高速フェリーで対岸のサザンプトン港まで。
バスで駅まで行き、列車でロンドン・パディントン駅。
チューブでヴィクトリア駅。 なじみのB&B S一泊
17.5£に投宿。

すぐそばの店でライスカレー、サラダ、スープ、
ケバブ、ビール、珈琲計11.3£をいただく。






London - Hampton Court cruise - London

6/21 (金)          曇時々晴

歩いてウエストミンスター桟橋まで行き、ヘンリー8世の宮殿
ハンプトンコートまで船に乗る。 ロックがおもしろかったが
テームズ川はセーヌ川と違って行き交う船も少なく、河岸の
景色も華がない。 下流のグリニッジやテームズバリアー
方面はけっこうおもしろいんだが、もっとずっと上流がいい
のかもしれない。 なにより数時間かかったのには参った。
しびれを切らした途中下船客もあり。

宮殿に入ったらいきなり血まみれの猪の作り物が下がって
いて驚く。 玄関じゃなく厨房だった。
そよ風吹く外庭でサンドウィッチ、ケーキ、珈琲計3.65£。

帰りは電車にし、ヴィクトリア駅前でピザ、エスプレッソ、
コーク計7.25£をいただく。






London - Moscow -

6/22 (土)          晴後曇

ヴィクトリア駅前からバスでヒースロー空港。
昼のアエロフロート、モスコー経由成田行き
に乗機。






- Narita - Yokohama - Kamakura

6/23 (日)          曇

午前、成田着。
NEXで横浜駅。
現像に出して電車で帰宅。






Kamakura - Narita - Paris - Nantes

11/2 (土)          曇時々小雨

予算上からさんざん迷い、検討に検討を重ねたあげく、昨日
ようやく決断して予約したばかりなので、格安航空券は無理。
今回は止むを得ず空港で割安券を買い、全日空1215成田発
巴里行き直行便に乗機。 乗り換えなしは早くて楽だし、X線
の回数は少なくてすむし、日本のヒコーキは食い物もうまくて
姉さんもきれい。 いつもそうしたいが問題は価格。

同日夕、CDG着。 郊外線とメトロでモンパルナス駅。
エヴィアン水とハムサンド計31Fを買いTGVでナント駅まで。
駅前HTL素泊り155Fに投宿。 駅でカフェオレ16F。 






Nantes - La Roche sur Yon - off Les Sables d'Olonne, Vendee Globe
singlehanded non stop round the world race start

11/3 (日)          曇

ナント駅から始発列車に乗る。 ラ・ロッシュ・シュル・ヨン乗り換えで
ここから先は支線だがもう待ってはいられず、駅前に一台だけいた
タクシーの運ちゃんにひとつすっ飛ばしてくれるよう頼む。

第三回ヴァンデ・グローブ単独無寄港世界一周レースのスタート当日
0810になんとかレ・サーブル・ドロンヌのオロナ港にすべりこむ。
超忙しいけれど、ここでもみんなの親切に支えられて無事撮影終了。
スタートをはさみ1030から1500まで取材艇に乗り計30本。 光乏しい
がいい強風。 無理しても来てよかった。 混雑するプレスセンターで
ファクスを打ちまくる。

地図、絵葉書、新聞、資料雑誌を買い、駅近くのHTL V 170Fに
投宿。 港の前でナシ、クリーム、チョコクレープ三種とリンゴジュース
計44Fをいただく。 日が暮れてもまだ港界隈はざわめいている。

宿の窓を開け放ち、潮をかぶった機材を全部ばらして清掃、乾燥させ
ながら、TVで昔の帆走記録挑戦ドキュメンタリーを見る。 伝説の人
と艇が次々に登場するし、まだ興奮覚めやらぬうちなので没入する。
こういう番組がもっと見たいのだ。






Les Sables d'Olonne - Nantes - Paris, Vendee Globe

11/4 (月)          曇後霧雨後本降後曇時々小雨

宿一階のカフェでクロワッサンとグランカフェオレ計18F。

レ・サーブル・ドロンヌ駅からまだ満員の列車でナント駅。
ビュッフェでカフェオレとレモンティー計30Fを飲みながら
新聞5紙に目を通し列車待ちをしていると、昨日取材証
の手配をしてくれた紳士も憩んていたのでまた礼を言う。

TGVも満員で二等はなく、昨夜やっと取れた一等で巴里
モンパルナス駅まで。 相客に頼まれて新聞を貸す。
メトロでノール駅。 アラブ人のニャンコ宿L 一泊245F+
朝食25Fに荷を下ろす。 日本猫はロビーの椅子。

メトロで凱旋門近くのレース本部に行き、主催者の
フィリップ・ジャントに会う。

HTL近くの持ち帰りできる量り売り安中華屋でイカ炒め、
野菜炒め、肉だんご、炒飯、焼きそば、北京スープ、
青島ビール計82.5Fをチンしてもらって店でいただく。
宿から数通ファクス。






Paris, Vendee Globe

11/5 (火)          晴時々曇時々小雨後晴

メトロでレース本部へ。 大手ヨットメーカーショールーム
の地下を借りていて、間接照明の洒落た内装。 昨日は
忙しかったジャントに話を訊き、写真を撮らせてもらう。
毎日のファクスコミュニケを頼む。

メトロで大きな本屋を数軒巡り、資料本6冊と雑誌購入。
ダブルキングバーガー、ポテト、オレンジジュース計35.9F。
シャンゼリゼの全日空で帰り便再確認。

ノール駅そばの同じ店でチョプスイ、炒飯、胡瓜肉炒め、
カレー肉炒め、ヴィッテル水計63.2Fをチンしてもらって
店でいただく。






Paris, Vendee Globe -

11/6 (水)          曇時々小雨

メトロで凱旋門近くのレース本部へ。
またジャントの写真を撮らせてもらう。
1100から1230まで艇との定時交信の
ラジオ放送に立ち会う。

また本屋巡りをして資料本一冊を買い、
郊外線でCDG空港。
夜の全日空成田行き直行便に乗機。






- Narita - Yokohama - Kamakura

11/7 (木)          薄晴

午後、成田着。
NEXで横浜駅。
現像に出して電車で帰宅。


top     




Copyright © yamamotoshunichi.com